【男性編】転職面接でのビジネススーツの選び方と注意点

面接での服装は、志望者の第一印象を決める重要な要素です。

服装や身だしなみによる第一印象は評価に大きく影響を及ぼすため、服装次第で合否を左右する可能性があります。

採用担当者に好印象を与え、転職成功率をあげるための服装とはどんなものでしょうか。

本記事では、転職面接時でのビジネススーツの選び方について紹介します。

ぜひ、この記事を参考に信頼感のあるスーツ姿で転職活動を頑張ってください。

転職面接に適した服装

スーツ

ビジネススーツの定番色である「ネイビー」がおすすめです。
誠実で真面目な印象を与えることができます。

堅い業種なら濃色、緩い業種なら淡色と業界によって使い分けると、さらにGood!

明るすぎるブルーや白に近いグレー、ダブルのスーツ、凝ったデザインのスーツなどは派手に見えてマイナス評価になるかもしれません。お洒落よりもビジネスマナーを優先しましょう。

おすすめのスーツ

シャツ、ワイシャツ

転職活動で、「清潔感」をアピールするには、シャツの色は「白」がベストです。
爽やかな装いになる「サックスブルー」も良い印象を与えることができます。

襟は定番のレギュラーカラーを選びましょう。
ボタンダウンだとカジュアルな印象になるので、面接ではNGとされやすく避けるのが無難です。堅い社風の会社では「ボタンに色がついている」「台襟が高い」といったデザイン性の高いシャツが、マイナスイメージになることもあります。

また襟や袖口が汚れていたり、よれていたりすると「だらしない」印象になります。アイロンがかかったワイシャツを着るのが鉄則です。

ネクタイ

ネクタイは、色によって相手に与える印象が変わります。「派手すぎない色と柄」を選び、信頼感をアピールしましょう。

・ネイビーや青系 ⇒ 落ち着いた印象に
・エンジや赤系  ⇒ エネルギッシュな印象に

志望する職種や与えたいイメージによって選びましょう。

柄はストライプや小紋柄などシンプルなデザインが基本です。動物やキャラクターなどの模様は遊びの要素が強くなることがあるので注意が必要です。

おすすめのネクタイ

ベルト

スーツ着用時はベルトを必ず着けるのがマナーです。

スーツに合う表革のものを選んでください。ベルトの色は靴の色と揃えるのが一般的な着こなし方と言われています。

革素材でも編み込みのメッシュベルトや毛足のあるヌバック、目立つ金具や装飾が付いているようなタイプはカジュアルなイメージでビジネスシーンには相応しくありません。

おすすめのベルト

スーツには、黒かこげ茶の紐靴タイプのビジネスシューズが基本です。

繰り返しになりますが、靴とベルトの色を合わせるのがスーツのマナーになります。

スニーカーやローファー、デッキシューズはビジネスシーンには相応しくないので、避けましょう。

ソックス、靴下

黒、濃紺の無地を選びましょう。靴下の色はスーツの色と揃えるのが一般的な着こなし方です。

靴下の丈は、座った時に素肌が見えない長さがベストです。

くるぶしの靴下や、柄が派手な靴下はビジネスシーンには相応しくないので、転職活動の時も控えるようにしましょう。

派手な色や柄は、アパレル業界やクリエイター系の職種などファッションセンスをアピールしたい場合を除き避けましょう。

バッグ

黒、濃紺、ブラウンでA4サイズの書類を折らずに、余裕をもって入れられるサイズでシンプルなデザインのものを選びましょう。

面接中は足元に立てた状態でカバンを置くことがマナーですので、床に置いたときに手を放しても倒れない自立式がおすすめです。

ビジネススーツに合わせる前提でデザインされたものであれば、リュックやトートバッグでも問題ありませんが、堅い社風の会社ですとデザインに限らずリュックやトートバッグそのものにマイナスイメージを持たれることもありますので避けましょう。

手ぶらや紙袋というのは論外。

おすすめのビジネスバッグ

腕時計、時計

転職面接時はは、「黒革、白無地盤、三針時計」の時計をしておけば、まず失敗することはありません。

最近はスマホで代用している方も多いと思いますし、面接では面接官が時間管理をしてくれるので、「必ずしも腕時計を着けなければいけない」ということはありません。

ですから、派手な装飾があったり、一目でブランドものだと分かるものしか持っていない場合は、あえて腕時計はしないようにしましょう。

アクセサリー

男性でも指輪、ピアス、ネックレスなどを身につけますが、面接の場では結婚指輪以外のアクセサリーは外してください。転職面接はファッションアピールの場所ではありません。

まとめ

転職面接でのビジネススーツを選ぶ時の基本ポイントは、次の通りです。

  • ビジネススーツの定番色は「ネイビー」
  • シャツの色は「白」がベスト
  • ベルトと靴の色は、黒かこげ茶に揃える
  • 靴下の色はスーツの色に合わせる
  • 腕時計はしなくてもOK
  • アクセサリーは外す

これらの基本を押さえてあれば、面接官に信頼感を与えるスーツ姿を作り出すことができます。

ぜひ、この記事を参考に転職活動のスーツを選んでください。

年代別おすすめ転職サイト・エージェント

業種に特化した転職サイト・エージェント

画像に alt 属性が指定されていません。ファイル名: 21986558087a94db7f25a64a7bd5e461-1.png 画像に alt 属性が指定されていません。ファイル名: f66714f3a2a0c67e713cf8311fe316b9.png

コメント