【40代向け】転職で実際に役立ったおすすめ転職エージェント

私は40歳を超えてから初めて転職活動を経験した元銀行員です。今は転職して、別の会社で中間管理職をやってます。

今回の記事では、私が転職に成功した時に役立った転職エージェントについてご紹介します。

40代におけるおすすめ転職エージェントと活用方法

40代の転職はこれまでの経験(業務)内容、ポジション、年収、マネジメント能力が重視されます。

また年収650万円以上の40代は人材業界では「ハイクラス」と呼ばれて転職エージェントの対応も変わってきます。

40代で転職を考えている方は、転職サイトで応募したい企業や求人を見つけて、転職エージェントを通じて応募するのがおすすめです。具体的には下記の手順です。

【転職サイトと転職エージェントを使った応募方法】
1.  40代に強い転職サイトに登録する
2.  転職サイトで求人情報を検索する
3.  気になった求人を転職エージェントに伝える
4.  転職エージェントから推薦状付きで応募する

この方法を使うことで、転職サイトで応募しただけでは落ちてしまう求人にも、転職エージェントに推薦してもらうことで通過しやすくなります。

実は、転職サイトに求人を出している企業は、転職サイトからの応募者に対して、学歴フィルターや会社名、転職回数などのフィルターを設けていることがあるため、転職サイトから応募では「機械的」に落とされてしまうことがあります。

そのため、40代で転職回数の多い方や知名度の低い会社から転職される方は、転職エージェントも活用するこの方法がおすすめです。

40代の転職で使って良かったおすすめ転職エージェント

40代の転職で最も役立った転職エージェントをご紹介します。

いずれも「高年収(1,000万以上)」「役職あり」「非公開」などの案件が豊富でした。

転職エージェントは、エージェント毎に持っている求人が異なるため、複数登録しておくと良いです。転職エージェントが多ければ多いほど、40代の転職における選択肢は増えます。

JACリクルートメント

おすすめ度:★★★★★

【公式サイト】:http://www.jac-recruitment.jp/

JACリクルートメントはハイキャリア人材向けの転職エージェントです。
年収600万円以上の高年収の求人が豊富でサポート力も抜群なので、転職を考えているハイキャリアな人は利用すべきです。

求人の年収帯も800万~1,000万の案件が多く、外資や大手メイン。若手よりも40代のミドルやエクゼクティブ層向けの印象が強かったです。転職サイトには載っていない40代向けの求人が多数ありました。

JACリクルートメントのキャリアアドバイザーは入社が難関なことに加えて社内で徹底的に教育されているため、非常に質が高いです。そのため担当者のレベルが他社に比べて高く、書類選考や年収交渉をかなり頑張ってくれました。

面接前には企業の採用担当と直接やりとりをしているキャリアアドバイザーが、過去の採用傾向や求める人物像などについて対策をしてくれます。

パソナキャリア

おすすめ度:★★★★★

【公式サイト】:https://www.pasonacareer.jp/

【パソナキャリア】 は、人材派遣領域で業界No.3の『パソナ』が運営している、16,000社以上と取引実績のある信頼できる優秀な転職エージェントです。

また最終的に私の転職を成功させた転職エージェントです。

これまでの転職活動で培ってきた職務経歴書や面接でのポイントなどをさらにブラッシュアップしてくれました。また内定後の手続き等についても真摯に教えていただき、とても信用のできる転職エージェントです。

2019年・2020年と2年連続で、オリコン顧客満足度調査 転職エージェント総合第1位を獲得しており、豊富な求人数と丁寧なサポートで人気の高い転職エージェントです。また『女性活躍推進コンサルティングチーム』という専門チームによる女性の活躍支援にも力をいれています。

CAREERCARVER(キャリアカーバー)

おすすめ度:★★★★★

【公式サイト】:https://careercarver.jp/ 

CAREERCARVERはリクルートの国内最大手のリクルートが運営するハイクラス・エグゼクティブ向けのヘッドハンティング型転職サービスです。

 CAREERCARVERに登録すると、あなたの匿名レジュメを見たヘッドハンター(コンサルタント)から好条件のスカウトを受け取ることができます。

またレベルの高いヘッドハンターを自ら選んで相談をすることもできるので、年収800万円を超えるような方であればすべての方におすすめできる転職サービスです。

40代転職で転職エージェントと合わせて見るべきサイト

ミイダス

現時点で自分にどれくらい市場価値(年収)があるのか『ミイダス』で調べることが出来ます。いくつかの質問に答えるだけで、自分の年収や紹介される求人のレベルがわかります。

【公式サイト】https://miidas.jp/

転職において提示されるオファー金額の妥当性や、どれくらいの年収で転職するべきかというラインの参考になります。事前に行っておくことで、自分がどれぐらいの位置にいるのか確認しておきましょう。

「今すぐ転職するつもりはない」という方でも、登録するだけで「こんな企業からオファーをもらうことができるのか」と自らの可能性に気づくこともあるでしょう。

転職意欲がそれほどないという方でも、使ってみる価値のあるサービスです。

40代の転職で大切にすべきこと

40代の転職で大切にしたいのは「年収の最大化」です。

転職エージェントを使って、現年収より高いオファーをもらうことは今後のキャリアに大きく影響します。

40代の転職で年収を上げるには、年収水準の高い他業界の同職種へ転職するのがおすすめです。40代の転職で職種を変えると未経験扱いとなり年収ダウンに繋がりますが、業界を変えて同じ職種で仕事をする分には、過去のキャリアが評価されます。

転職活動は「自分という“商品”を企業に売り込む営業活動」です。

これまで積み上げてきた“自分の経験やスキル”を商品にして「どんなことができるのか」「どう役立つか」「値段はいくらなのか」という“自分の営業”を展開していくのが転職活動の基本です。

「御社のサービスに魅力を感じてー」とか「優秀な人が多いのでー」という「自分が志望企業に入りたい理由」を伝えるより「自分を雇うことのメリット」を伝えた方が、採用する側の納得度は高まります。「自分を雇うメリット」が相手のニーズと合致していれば、採用確度は更に高くなります。


また40代の転職の場合、「マネジメント能力」を問われることも多くなります。部下を持ったことがなくても、誰かに仕事を教えた経験はあると思います。それも立派な「マネジメント」ですので、自身をもって売り込みを行いましょう。

転職活動も営業も「自分のスゴいところ」を推すのではなく「相手が求めていることに対して、自分に出来ること」を伝えるのが基本です。40代の転職では、この部分が出来ていないと厳しい転職活動になると思います。

40代の転職はキャリアにおいて重要な選択となるので、自分に合った転職エージェントを使って転職しましょう。

中途採用面接でよく聞かれた質問内容と回答【転職理由、キャリアアップ】
書類選考を通過して、いざ面接に臨む段階になると不安になる気持ちが膨らんでくるものと思います。少しでも安心して面接に望むためには、質問のシミュレーションが有効です。下記は私が面接で聞かれた質問事項と回...
サラリーマンはつらいよ~フーテンのクマ | 転職のきっかけ
私ワククマは40歳を超えてから初めて転職活動を経験しました。新しい環境に飛び込むのはかなりパワーが必要ですが、40歳を超えたオジサンが何で転職してしまったか。私が転職したきっかけをご...
転職活動の始め方 | 失敗しない手順教えます!大事なことは徹底した情報収集
いざ転職活動を始めてみよう!と思っても、何から始めていいか分かりませんよね。きっとほとんどの方はまず「転職」ってキーワードをネット検索しますよね。では、何故検索するのですか?...

コメント