サラリーマンはつらいよ~フーテンのクマ | 転職のきっかけ

私ワククマは40歳を超えてから初めて転職活動を経験しました。

新しい環境に飛び込むのはかなりパワーが必要ですが、40歳を超えたオジサンが何で転職してしまったか。

私が転職したきっかけをご紹介したいと思います。

ワククマ
ワククマ

皆さんも心当たりありませんか?

転職しようと思った10個のきっかけ

自分の成長が感じられない

仕事はやりがいがあるし、面白いとは思っているのだけれども、自分自身に力がついてきているという感覚が持てませんでした。事務能力は向上していたが、成長っていうのは、そうゆうことじゃないと思ってました。日々の成長が実感しにくくなってきたので、仕事が楽しくない気がしてました。

会社の将来性に不安

仕事内容に不満は少なかったですが、勤めていた会社が10年後に存続しているのかが不安になりました。会社がつぶれてから転職をするのは、金銭面的にも不安が残ります。

そのため、できるだけ存続しているうちに新しい会社を見つけたくなるものです。
また業績不振などが見えてくると将来性に不安を感じます。

このような状況では、先行きが不安な会社と先行きが安定している会社では、当然安定している会社へ転職したくなるものです。

体調不良

激務で残業も多くなり、また怒声や罵声が飛び交う人間関係の劣悪さ、パワハラなどにより心身がボロボロになってしまい、身体を壊してしまいました。

「ストレス」は仕事の敵です。仕事でストレスが溜まり、他にも発散できなくなると精神的に耐えられなくなってしまいます。

身体を壊してから、初めて転職を考える人もいますが、症状が重くなる前にできれば、次の会社へ移って頂いたほうが良いです。

上司との人間関係

働く上で人間関係はとても重要でした。上司との仲がうまく行かず悩みました。どんなに仕事にやりがいがあっても、人間関係がうまく行かないと、気持ちよく仕事ができない上に仕事の進み具合も良くありません。

このように人間関係で問題を抱えると、精神的負担が大きくなり、最後には身体にも影響が出てきます。人間関係で疲弊して方々は、仕事の充実感と人間関係を天秤にかけた時に、転職を決める方が多いのは当たり前の事ですよね。

給料・待遇への不満

待遇面での不満があるがあったのも確かです。給料や待遇は、生活の質にも影響を与えます。給料が良い会社だから入社したという人も多くいます。その人たちにとっては、給料が全てです。望みが叶えられないと分かれば、転職を決意するのは致し方ないことではあります。
また、給料や待遇はモチベーションにも影響を与えます。成果を残したにも関わらず、賞与や昇給もなければ、モチベーションは下がるのは必然です。その結果、もっと自分の働きに正当な給料を用意してくれる会社があるはずだと感じたてしまったため、転職に踏み出してみました。

年功序列

私もオジサンですが、私より年上で仕事をしない・できないオジサンがたくさん社内には蔓延っていました。しかもそのオジサン達は会社に長くいるという理由だけでたくさんの給料をもらっていました。

仕事のしている人たちは、そのオジサン達のために仕事をしているんじゃないかと錯覚してしまいます。

理不尽なことで怒られる

上司から、まったく関係ないことで怒られる。
自分に非がないことを伝えると「口答えするな!」と怒鳴られる。
上司の言うとおりに仕事を進めたら、他の上司に怒られる。

こんなことがよくありました。仕事で「理不尽だ!」と感じることはよくありますよね。上司から理不尽に大声で怒られたりすると、こっちも腹が立ち感情的になってしまいます。

データ無視で感覚で物事を決定

よくあったのが上司の指示で市場調査・分析を行い、意思決定の材料となる資料づくりを延々と残業して作らされました。

けれど最終的に意思決定を行う時には、調査したデータを全部無視で上司が「俺の感では・・・」と始まり、それだけで物事が決まってしまいました。

だったら最初から市場調査・分析の指示なんか出すんじゃないよ。私の苦労返して下さい。

他にやりたいことができた

退職をする時には、ポジティブな理由ももちろん御座います。やりたいことが見つかったためです。昔からやりたい仕事内容があって、今からもう一回挑戦する。

私の場合、もともとサービス業に勤めていたのですが、成果が目に見えにくく分かりにくかったです。だから成果が分かりやすく目に見えるような物づくりをする仕事をしてみたかったのです。

ヘッドハンティングを受けた

ヘッドハンティングを受けたことが転職へのきっかけとることも良くあります。
私も突然電話がかかってきて、少し話を聞いてみませんか。と勧誘を受けました。

結果的に別の所へ転職してしまいましたが、自分の知らない他の世界があると言うことを教えてもらいました。能力や考え方、行動などを知らぬ間に評価してもらっていたみたいです。

我慢せずに新しい世界に転職してみましょう!

これらが私が転職したきっかけとなった出来事です。

皆さんも心当たりがあるのではないですか?

こんな嫌な事を我慢する必要はないです。新しい世界に飛び込んでしまえば、また違う景色が見えてきます。

転職は周りの環境を変えるだけではありません。自分で動くことにより、自分自身の成長にもつながります。

あなたも新しい一歩を踏み出してみませんか?

【40代向け】転職で実際に役立ったおすすめ転職エージェント
私は40歳を超えてから初めて転職活動を経験した元銀行員です。今は転職して、別の会社で中間管理職をやってます。今回の記事では、私が転職に成功した時に役立った転職エージェントについてご紹介します...

コメント