仕事でのストレスは退職理由となり得る。転職のきっかけになる理由

人によって異なる転職のきっかけになる理由

今の会社に非常に満足しており、仕事を続けることに何の不満も感じていない人が全てとは限りません。

仕事をすることが楽しくて仕方がなくて、心から自分はこの仕事に向いていると思えるなら幸せです。

多くの人は、大なり小なり仕事に関する不満を持ちつつも、毎日仕事を続けています。

大小様々な不満を持っていて、転職を夢見てはいるけれど、様々な事情があって退職という決断ができずにいるという人もいるでしょう。

決定的な転職を決意するきっかけとなるのは、どんな理由があるのでしょうか。

男女の違いや年代の違いによっても、きっかけになる出来事は異なります。

20代の若い人が転職活動を始めるきっかけは、今の仕事が自分の思い描いてきたものと大きくかけ離れていて、やる気が低下したという場合が多いです。

30代の男性が転職を考えるきっかけは、今の会社で働いていると自分の成長が頭打ちになることに気づき、自分の人生のためにキャリアアップの機会が欲しくて転職を考えるというパターンがあるようです。

成果を上げても給料が上がらないから転職したいという人もいます。お金の問題というより、自分の能力が認められない不満という場合もあります。

何のために頑張っているかがわからなくなって、会社のために頑張ろうというメンタルが維持できなくなります。

このように転職のきっかけは、一つだけの時もありますし複数の不満が重なっている場合もあります。

できれば転職をせずに目の前の問題を解決したいものですので、転職活動を始める前に当面の問題にじっくりと向き合いましょう。

仕事でのストレスは退職理由となり得る

仕事がストレス源になることは珍しくありませんが、ストレスが積み重なって仕事を辞めてしまう人が多いのも事実です。

多くの人が、仕事のストレスをなくすために仕事を変えたいと考えることがあるようです。

現代社会はストレス社会とよく言われるようにどこへ行ってもストレスから逃れることは出来ない環境が当たり前のようになっています。

ストレスと折り合いをつけて生きていくためには、心も体も健康であることが、とても重要になります。

ストレスの積み重なることがある仕事をしている人は多いためにストレスがありすぎて仕事をやめたいと考えることはよくあります。

ストレスに押し潰されそうになって、仕事を辞めることを考えてしまうという人は、仕事との関わりを今一度考え直してみましょう。

今の仕事を退職して、別な仕事についたとして、ストレスはなくならず、ついてくることはよくあります。

自身にふりかかるストレスを取り除けるかどうかは、自身がどう動くかで左右されます。

自分の考え方を変えてみる、上司に相談してみる、仕事以外のことに目を向けてみるなど、少しでもストレスを解消する方法を考えて、実行してみることが大事です。

あまりにストレスがきつければ、無理に働き続けることもありませんが、転職してもストレスがなくならない時は別なアプローチも大事です。

心身のコンディションを損ねてしまうくらいのストレスを背負ってしまった場合は、一度仕事から離れて、ゆっくりと休んでから次の仕事につくという方法もあります。

ストレスが大きいからといってすぐに辞めると後が続かないかも知れませんが、様々なストレス対策をしても事態が好転しないなら、退職時ともいえます。

転職を考えている人は今すぐこちらをチェック!
【2021年度版】おすすめ転職サイト・エージェント【総合型・年代別・業種別】
社会人であれば転職を、誰しも一度や二度は考えることがあります。案外多くのひとが、今の仕事よりもより良い条件や職場環境を求めて、転職サイトを見たりしているかもしれません。ところがいざ検...

コメント