人の第一印象は見た目で決まる!転職面接の服装は、清潔感のある服を選ぶにしよう!

転職活動をする中で、最も重要な局面に当たるのが面接です。面接で特に重要視されるのは「第一印象」と言われています。

人への印象を決定づける実験のメラビアンの法則によると話をする際に相手に伝わる情報として、見た目が55%、声の大きさやトーンに関するものが38%、話の内容自体が7%を占めるとされています。

転職活動の面接などで企業を訪問する場合、服装について指定されることはあまりありませんが、可能な限り面接官に抵抗感を与えないことが重要です。

✔面接で重要視される第一印象を決定づけるのは服装
✔清潔感があり、バランスの良い服装
✔面接を受ける状況によって適した服装

では、どのような服装を選べば第一印象をよくすることができるのでしょうか。

清潔感のある服を選ぶ

清潔感のある人とない人、どちらがより面接を通りやすいか?それは間違いなく前者。

清潔感は第一印象を左右する重要なポイントです。

ジャケットやシャツ、ズボンはアイロンがけをして、シワがないようにしておきましょう。

また、カビやタバコ、汗などの臭いがすると、清潔感のない印象を強く与えてしまいますので、注意が必要です。

基本はビジネススーツで間違いなし

転職の面接に着ていく服装は、普段会社に着ていくビジネス向きのスーツが基本です。

ビジネス向きのスーツを持っていない場合、スーツショップで一着買いましょう。

転職の面接は複数回あるのが普通ですし、私服勤務の会社であっても最初はスーツを着て出勤する事も多いので、買って損をすることはありません。色はネイビーかグレーが無難です。

もし私服で訪問するのであれば、オフィスカジュアルで行きましょう。私服面接は、IT業界やWeb業界といった、比較的ラフな格好で仕事をしている業界に多い傾向です。

ただしオフィスカジュアルと言えど、Tシャツやジーパン、スニーカーはNGです。入社後はOKな会社でも、面接の場ではふさわしくありません。

業界別の適した服装

それでは業界別にふさわしい服装を紹介します。

面接にふさわしい服装は、業界や職種、企業によっても変わりますので、参考にしてください。

業界別ふさわしい服装

✔金融系・公的機関・・必ずスーツ
✔不動産系・食品系・医療系・建設系・・必ずスーツ
✔アパレル系・マスコミ系・IT系・・スーツまたはオフィスカジュアル

まとめ

第一印象で清潔感があり、きちんとした人だということが伝われば、その後の面接もうまくいくこと間違いありません。

しかし、相手をがっかりさせてしまうと、挽回するのはとても大変です。どんなに中身が優れていても、見た目で足を引っ張ることもありますので、注意しましょう。

✔面接で重要視される第一印象を決定づけるのは服装
✔清潔感があり、バランスの良い服装
✔面接を受ける状況によって適した服装

今回紹介したことは、特別なことではありません。どのような場合でも、目上の人や初対面の人に会う場合、失礼に当たらないような服装がベストと言えるでしょう。

誰でもさわやかな人と一緒に仕事をしたいと思うはずです。印象を落とさない服装を考慮した上で、面接用の服装選びに臨んでください。

こちらの記事もチェック!
【男性編】転職面接でのビジネススーツの選び方と注意点
面接での服装は、志望者の第一印象を決める重要な要素です。服装や身だしなみによる第一印象は評価に大きく影響を及ぼすため、服装次第で合否を左右する可能性があります。採用担当者に好印象を与...
【女性編】転職面接でのスーツや服装の選び方と注意点
男性、女性問わず、転職面接の合否は第一印象で9割決まるとも言われています。その第一印象は、顔や容姿よりも全体的なイメージで、ほぼ決まります。服装は第一印象を決めるとても大切なもので、...

コメント