TikTokが利用規制?日本での制限はあるのか?他にも禁止が予想されるアプリは?

アメリカのトランプ大統領は7月31日、動画投稿アプリ「TikTok」の「利用禁止」を打ち出した。日本でも自民党が中国発アプリの利用制限を政府に提言するらしい。

スマホにアプリをインストールすることで、個人情報が中国政府に漏洩する可能性が懸念されるみたいです。すでに一部の国では中国製アプリの利用が制限されています。

規制開始、検討されている国

インド

インドではすでにTikTokの使用が禁止されています。TikTok以外にも59のモバイルアプリの使用を禁止すると発表がされています。

公式発表では中国を名指ししていませんが、この禁止された59のモバイルアプリの多くは中国製です。

禁止されたアプリは、動画共有アプリのTikTok、モバイルブラウザのUC Browser、データ共有アプリのShareit、チャットアプリのWeChatなどです。

アメリカ

アメリカではトランプ大統領が、利用の禁止を含めた対応を検討していることを明らかにしています。

また別のニュースではあのマイクロソフトがTikTokの買収に向けた交渉を進めていると伝えられています。

オーストラリア

オーストラリアも国家安全保障上の脅威をもたらす可能性があるという懸念からTikTok禁止を検討していると報じられています。

インドで禁止されたアプリ一覧

以下は既にインドで利用が禁止されたアプリの一覧です。
日本でも人気のアプリが含まれていますね。

1. TikTok
2. Shareit
3. Kwai
4. UC Browser
5. Baidu map
6. Shein
7. Clash of Kings
8. DU battery saver
9. Helo
10. Likee
11. YouCam makeup
12. Mi Community
13. CM Browers
14. Virus Cleaner
15. APUS Browser
16. ROMWE
17. Club Factory
18. Newsdog
19. Beutry Plus
20. WeChat
21. UC News
22. QQ Mail
23. Weibo
24. Xender
25. QQ Music
26. QQ Newsfeed
27. Bigo Live
28. SelfieCity
29. Mail Master
30. Parallel Space
31. Mi Video Call – Xiaomi
32. WeSync
33. ES File Explorer
34. Viva Video – QU Video Inc
35. Meitu
36. Vigo Video
37. New Video Status
38. DU Recorder
39. Vault- Hide
40. Cache Cleaner DU App studio
41. DU Cleaner
42. DU Browser
43. Hago Play With New Friends
44. Cam Scanner
45. Clean Master – Cheetah Mobile
46. Wonder Camera
47. Photo Wonder
48. QQ Player
49. We Meet
50. Sweet Selfie
51. Baidu Translate
52. Vmate
53. QQ International
54. QQ Security Center
55. QQ Launcher
56. U Video
57. V fly Status Video
58. Mobile Legends
59. DU Privacy

日本でもよく使われているアプリが含まれていますね。
このアプリ一覧から、いくつか抜粋して紹介します。

TikTok

言わずと知れた音楽に合わせて動画を作って共有できる動画配信アプリ。日本でも若者を中心に利用者がたくさんいらっしゃいます。

動画は音楽に合わせて口パクやダンスなどの動きのある動画が人気。フィルターやスタンプなどで加工できるので『盛れる』『可愛くなれる』といった効果もあります。

動画の撮影や加工・編集などもスマホだけで完結するため、誰でも手軽に動画を公開する事ができます。

UC Browser

中国製のWebブラウザーです。

中国とインドネシアで人気のあるモバイルブラウザーの1つ。日本ではあまり聞きませんね。

Shareit

ファイル共有アプリ

Shareitアプリを有効化しているスマホ間で画像、動画などのファイルを共有できるアプリ。

Wi-Fi無しの環境でもサクサク思い動画ファイルを転送できるという利便性の高いアプリです。

WeChat

テンセントが開発したインスタントメッセンジャーアプリ

文字や音声、写真や動画、グループチャットなどでコミュニケーション通知など基本機能が出来る無料メッセージアプリで中国最大人気SNSの1つ

Likee

TikTokに似た動画投稿型アプリ

多彩なフィルターやエフェクトを使って撮影した動画を投稿するコミュニティアプリ。短い動画を視聴・作成できる先進的なグローバル・プラットフォームです。最先端の動画撮影・編集ツールを提供し、2000種類以上の特殊効果を備えています。

Xender

ファイル共有アプリ

スマホ側にアプリをインストールすれば、パソコン側にはアプリをインストールする必要はなく、ブラウザだけでファイル転送を行うことが可能。

まとめ

中国製アプリが規制開始、規制検討されている国とスマホアプリの一覧を紹介しました。
今後日本でもこれらのアプリが利用不可能となってしまうんでしょうか?

日本でも人気なアプリもあるだけに、非常に気になります。

コメント