ちょっとマイナポイント調べてみた。キャッシュレスサービス別ポイント上乗せ一覧&先着順ってホント?&現金払いでポイントはつくの?

とうとう2020年9月1日よりスタートしたマイナポイント。

PayPay、LINE PAY、Suicaなど、登録のできるキャッシュレスサービスがたくさんあって、どれにするか迷ってしまいますよね。

ところがマイナポイントを利用できるキャッシュレスサービスは1つだけしか、選ぶことができません。

また一部のキャッシュレスサービスでは、独自のポイント上乗せキャンペーンを行っており、自分がよく使うキャッシュレスサービスと組み合わせることでお得に使うができます。

そこでキャッシュレスサービス別のポイント上乗せ一覧をご紹介します。

ぜひ自分にあったサービスを選ぶのに活用してください。

繰り返しますが、マイナポイントを利用できるキャッシュレスサービスは一度登録すると、変更はできませんので注意しましょう。

キャッシュレスサービス選択後の変更はできません

キャッシュレスサービス別 ポイント上乗せ一覧

キャッシュレスサービス上乗せポイント
PayPay抽選で100万円×10名、5万円×150名、
5千円×1,500名、500円×150,000名
au PAY1,000円
d払い最大 2,500円
LINE Pay特典クーポン15枚
メルペイ

①+②+③
①買い物で1,000円
②抽選で1,000万円×1名、
100万円×10名、5万円×150名、
5千円×1,500名、500円×150,000名
③チャージで1,000円

Fami Pay500円
ゆうちょPay1,500~2,000円
J-Coin Pay500円
Suica1,000円
WAON2,000円
三井住友カード抽選で10,000円×100名
JNB Visaデビット100円

2020年9月4日時点におけるその他の利用可能キャッシュレスサービスは次のリンク先を確認してください。。

総務省マイナポイント 登録キャッシュレス決済サービス一覧

マイナポイントって何?

マイナポイントは、国がマイナンバーカードとキャッシュレスサービスの普及を目的として行っているものです。しかし国から私たちに直接もらえるものでなく、キャッシュレス事業者から付与されることになっています。

とにかくポイントが付くんだって!

ポイントは使った額(チャージまたは買い物)の25%で上限5,000円まで。
20,000円の買い物をすると5,000円のポイントがつくことになります。
総務省 マイナポイントホームページ

登録手順

マイナポイントの手続きは、総務省 マイナポイントホームページで次のように案内されています。

「手続きは簡単3STEP」
1.マイナンバーカードを取得
2.マイナポイントを予約
3.マイナポイントを申し込み

すぐに手続きができると思ったあなた、ダメです。最初の「マイナンバーカードを取得」の注意書きをよく見て下さい。

※マイナンバーカードは、申請から交付までに概ね1ヶ月以上かかりますので、スマートフォン等によるお早めの申請をお願いします。
また、カードの受け取りに際しては、新型コロナウイルス感染症拡大防止の観点から、お住まいの市区町村が発信する情報に十分ご留意の上、混雑を避けた上でご来庁いただきますようお願いします。
(引用:総務省マイナポイントHP  https://mynumbercard.point.soumu.go.jp/)

今すぐ出来るのはマイナンバーカードの申し込みで、そこから受取までは時間がかかります。ニュースでは発行手続きで密になっている役場が多いと指摘されており、とても混雑しているみたいです。マイナンバーカード発行の手続きだけは、すぐにやりましょう。

私は2020年6月3日に申し込みましたが、交付の通知が来たのは7月21日でした。

マイナンバーカードの申し込み

ではマイナンバーカードの申し込みをしましょう。4つの申し込み方法があります。
最初は役場に行く必要はありません。

申込後、役場から連絡が来ますので取りに行きましょう。次は行きます。運転免許と同じで、本人確認が必要なので必ず役場へ行かないとダメです。
この時、本人確認証明できるもの(運転免許書等)が必要です。暗証番号も役場で設定します。
マイナンバーカード受取について

すでにマイナンバーカードを持っている人でも要注意。マイナンバーカード搭載の電子証明書の期限は5年となっており、更新手続きをしていないと、マイナポイント申し込みが出来ません。
マイナンバーカード 総合サイト

マイナンバーカードの暗証番号を忘れてしまった、連続して3回以上間違えてしまった。このような場合も時間がかかります。なぜなら役場に出向いて暗証番号の再設定が必要です。パソコンやスマホではできません。

マイナポイントを予約・申し込み

マイナンバーカードが交付されたら、次はマイナポイントの予約です。

アプリのダウンロードはここから。
ダウンロード後の手続き詳細はこちら

マイナポイント
マイナポイント
開発元:総務省自治行政局
無料
posted withアプリーチ

パソコンからの予約も可能ですが、ICリーダーが必要となるので本サイトではスマホからの予約を推奨します。
マイナポイント手続きスポット検索はこちら

パソコンから予約する方へ、おすすめのICリーダーはこちらからどうぞ↓

ICカードリーダーの選び方のポイント・おすすめ人気ランキング5選【マイナンバーカードに対応!】
マイナポイントをパソコンで申込をするために必要な「ICカードリーダー」。ICカードに記録された情報の読み込みに必要で、他にもe-taxを利用して確定申告するときなどに欠かせないアイテムです。...

マイナポイントは先着順?

サイトやニュースによっては、マイナポイントは先着順と書いてあるものも多いですが、どうか調べてみました。結論は「先着順」です。

マイナポイント事業は国の施策として行われています。国には予算というものがあり、このマイナポイント事業に対して約2500億円弱の予算が充てられる事になってます。そこから約2000億円をマイナポイントの原資とすることにしてるようです。
マイナポイントによる消費活性化策について

この資料の2ページ目に4000万人という数字があります。これが根拠だと思いますが、ざっくり計算しても、2000億円÷最大5000円=4000万人ですね。

現在(2020年7月)、日本人口は総務省の推計で約1億2596万人で総務省統計局)で、マイナンバーカードの交付数は約2100万人(16.8%)です。マイナンバーカード交付状況(令和2年6月1日現在)

仮にマイナンバーカードを持っている人が全員申し込んだら、残りは1900万人です。大事なことだからもう一度言いますね。先着順です。皆さん早く申し込み手続きをしましょう。

2020年8月25日現在で予算の約1割に当たる424万人が申請済みとのことです。まだまだ大丈夫そうですね。

現金払いでポイントはつくの?

よく「現金払いをしてポイントカードを提示すれば、ポイントがつくのか?」という質問をみかけます。

結論を申し上げると、現金払いではポイントはつきません。

このマイナポイント事業は、マイナンバーカード発行促進とキャッシュレスサービス促進をさせるために行っているものですので、その流れに逆らうような現金払いは対象外となっています。

コメント