ちょっとダイソーの500円三脚を使ってみた

最近、画像や動画を撮影する機会が多くなり、お手頃なスマホ用三脚を探していました。Amazonで購入しようとしたら、だいたい1,500円から2,300円ぐらいするみたいです。もちろんこのような三脚の方がしっかりしていると思いますが、どれぐらい使うか分からない人には少し高いですよね。なので100均でスマホ用三脚を探していました。けれどいざ探してみると100円だと小さい三脚ばかりで少し物足りません。諦めかけたその時、私の目に飛び込んできたのはダイソーの500円三脚でした。100均で500円の商品ですから、やや高いと思いましたがダイソーの高額商品って意外と作りがしっかりしたものが多いので購入してみました。

その感想は・・・この500円三脚できる!!
スマホを使ってyoutubuでの配信、ブログ用の写真撮影を考えている人は、これで十分です。高さはだいたい30センチぐらいで、何かの台の上において撮影するのにべんりです。

大きさは折りたたんだ状態で25㎝ぐらいで、カバンにも入りやすいサイズ。ちゃんとスマホを固定できるホルダーも最初からついてましたので安心してください。

雲台はアームで前後、左右動かすことができます。アームを使って、撮影しながら動かすことも可能です。上下はネジを緩めれば動かすことができますが、こちらはアームにつながっていないので撮影しながらは動かすのはできません。またスマホホルダーを固定する部分は標準規格の1/4インチネジとなっているので、お手持ちのデジカメやホーム用ビデオカメラも設置できます。気泡管水準器もついていてカメラが地面に対して平行になっているか、すぐに確認できます。特にビデオを撮るときに便利ですよね。

スマホを取り付けてみたところ安定性は問題なし。下向きにスマホを向けてもしっかりと固定されて、落ちることはありませんでした。仕様によると最大8.5㎝幅まで取り付けられるので、iPhone11(7.57㎝)も取付られそうです。ただスマホを取り付ける部分がしっかりとしたバネのようになっていて、写真のように真ん中をがっしり掴まれるのでここにボタンがある機種(写真はXperia1)は勝手にボタンが押されてしまい使いづらい。

脚は3段になっており、ワンタッチで伸縮自在。全部伸ばすと、高さは60㎝ぐらいになりました。下記写真は比較対象がなかったので、うちにあるシャープの空気清浄機と並べてみました。ここで注意!なんとダイソーの500円三脚は、足が3段のものと4段のもの、二種類あるみたいです。両方同じ500円みたいです。ワククマがこの三脚を買ったダイソーは3段のものしか置いてありませんでした。

そしてワククマ最大の推しポイントは、この三脚軽いのです!素材がアルミでできていて、片手でヒョイと持つことができます。重さは約260gみたいですが、感覚的にはもう少し軽く感じます。ただ三脚って軽けりゃイイ訳ではないみたいです。スマホ用として使うには十分ですが、(あまりいないと思いますが)一眼レフみたいな重量級なカメラを利用する場合、重心がカメラの方にいってしまいすぐに倒れてしまいそうです。一応耐荷重は1.5㎏なのですが、あまり大きなカメラはつけない方がいいと思います。数万円もするカメラを500円三脚のせいで壊してしまったら、泣くに泣けません。

カバンにいれても持ち運びがラクチンですので、ちょっと旅行に行く時にこれを持っていけば、少しランクが上の写真が撮影ができますよ。

すべてが100点ではないものの、近所のダイソーで500円で買えるのならばお手軽なので、まず最初に試しに購入するにはいい商品だと思います。

仕様
耐荷重 約1.5㎏
サイズ 約66㎝×48.5㎝×34㎝(最伸高・開脚時)
    約29㎝×22.5㎝×18㎝(最縮高・閉脚時)
重量  約295g
付属品 スマートフォンホルダー
材質  アルミニウム、ABS樹脂

コメント